現在ホームページリニューアルに伴い、閲覧しづらい状態になっております。何卒ご了承ください。

エックスサーバーで常時SSL化する方法について

こちらでは、Webサイトを常時SSL化する方法について、説明していきます。

常時SSL化とは?

SSLとは、インターネット上でのデータ通信を暗号化し、盗聴や改ざんを防ぐ仕組みのことです。SSL化することによって、ページのURLは【 http://~ 】から【 https://~ 】になります。

2018年7月にリリースされた Chrome68 では、http から始まるWebサイトにアクセスした場合、URL(アドレスバー)の隣に『保護されていない通信』と警告が表示されるようになりました。

保護されていない通信

 

常時SSL化とは、Webサイト内のログインページやフォームなど個人情報を入力する特定のページだけではなく、全てのページをSSL化することを言います。

全てのページを暗号化することで、下記のメリットがあるそうです。

[su_note note_color=”#f7fafa”]

  1. Webサイトのセキュリティの向上
  2. Webサイト表示の高速化
  3. SEOへの影響(検索順位の向上)
  4. アクセス解析の精度が向上(リファラーが確認できる)

[/su_note]

ユーザーにとっても、サイト運営者にとっても良いことづくめですね。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
常時SSL化で押さえておきたいメリットとデメリット【Webサイト運営者向け】

Google Chrome をダウンロードする

今回の常時SSL化の設定は、Google Chrome で警告が表示されないようにする為に行います。ですので、作業をする際は、Google Chrome のブラウザから行うようにしてください。

普段 Chrome をお使いでない方は、こちら( )からダウンロードできます。

Google Chrome をダウンロード 

エックスサーバーで『常時SSL化設定』をする

こちらの記事では、エックスサーバーで無料独自SSL設定をしてあることを前提に、解説していきます。

ここまで、私のマニュアルどおりに進めてきた方は大丈夫です。ドメイン設定をする際、 こちらのステップ で設定してあるはずです。

では、早速作業を始めましょう。

1. SSL設定になっているか確認する

今の段階では【 https://~ 】でも見られる状態を追加しただけなので、
[su_note note_color=”#f7fafa”]

  • http://〇〇〇〇〇〇.〇〇〇
  • https://〇〇〇〇〇〇.〇〇〇

[/su_note]

上記どちらのURLでもアクセスできます。つまりまだ、常時SSLにはなっていません。

ここでは、どちらのURLでアクセスしてもサイトが表示されることを確認してから、次のステップに進みましょう。

2. サイトの URL を【 https://~ 】に変更する

WordPress のダッシュボード(管理画面)を開き、設定一般 をクリックします。

ワードプレス,ダッシュボード

 

赤枠で囲んだ部分が【 http:// 】になっていますが、これを【 https:// 】に変更します。『s』は半角です。

ワードプレス,ダッシュボード

 

このようになります。

ワードプレス,ダッシュボード

 

合わせて、『日付のフォーマット』『時刻のフォーマット』『週の始まり』もあなた自身が使いやすいように設定を変更してください。

下にスクロールして『変更を保存』をクリックします。クリックと同時にログアウトしますが、問題ありません。

3.『.htaccess』の記述を変更する

① 設定対象ドメインを選択

エックスサーバーの サーバーパネル にログインします。

ログイン情報は、サーバー申し込み時に届いたメール『サーバーアカウント設定完了のお知らせ [試用期間] 』に記載されているサーバーアカウント情報をご確認ください。

サーバーアカウント情報

 

画面左下の設定対象ドメインを、常時SSL化設定をしたいドメインに設定します。

エックスサーバー ,サーバーパネル

 

画面右上の 『現在の設定対象ドメイン』が、設定したドメインになっていることを確認します。

エックスサーバー,サーバーパネル

② .htaccess の編集画面へ

.htaccess編集』をクリックします。

エックスサーバー,サーバーパネル

 

.htaccess編集』のタブをクリックします。

エックスサーバー,サーバーパネル

③ .htaccess のファイルをバックアップ

これから、赤枠で囲んだ中に追記をするのですが、作業を始める前に、赤枠内の記述を全てコピーしメモ帳などに貼り付けておきましょう(失敗した時に対応できるように)

エックスサーバー,サーバーパネル

④ .htaccess に記述を追加

エックスサーバーのWebサイトの常時SSL化』のページ に飛んで、赤枠で囲んだ記述をコピーしてきます。

エックスサーバー

 

.htaccess 編集』 のページに戻り、コピーしてきた記述を既存の記述の上に追加し、右下の『確認画面へ進む』をクリックします。

エックスサーバー,サーバーパネル

表示された内容を確認して『実行する』をクリックします。

これで常時SSL化の設定は完了です。最後にきちんと設定されているか、確認作業をしましょう。

最終確認をする

表示の確認

WordPress のダッシュボード(管理画面)から、もしくは、アドレスバーに直接あなたのサイトのURL【 https://〇〇〇〇〇〇.〇〇〇 】を入力して、表示を確認します。

ワードプレス,ダッシュボード

 

アドレスバーの鍵マークをクリックして『この接続は保護されています』と表示されたら、無事に設定は反映されています。

アドレスバー

転送の確認

次に、【 http://~ 】のURLから【 https://~ 】のURLに転送されるか確認しましょう。

まず、アドレスバーにあなたのサイトのURLを【 http://~ 】形式で入力して、enterキーを押します。仮に、あなたのサイトのURLが【 http://abcdef.com 】だとすると、http:// のない【 abcdef.com 】と表示されるはずです。

 

アドレスバー

上の画像の水色の枠で囲んだアドレスバーの中の適当な位置にカーソルをおき、もう一度クリックすると、【https://abcdef.com】と自動的に表示が切り替わります。

つまり【 http://~ 】のURLでアクセスした際、自動的に【 https://~ 】のURLへ転送される、ということを確認することができました。

 

これで、常時SSL化設定は完了です。お疲れ様でした。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる